TOKYOウルトラマラソン2022-2023冬 天候に恵まれた河川敷コースでサブ9達成

スポンサーリンク
マラソン

TOKYOウルトラマラソン2022-2023冬 100kmに出走してきました。

大会前日

当日移動で間に合うレースなので、前日はお絵描きしたり、試験の仕込みをしたりでダラダラ過ごす。

やっとこさ準備に取り掛かり装備決定。

エイドにジェルとか食べ物があるとの事でしたが、ANDO_10本とフラスク1本(写真は2本だったけど1本にした)を持って、エイドを気にせず補給するスタイルにしました。

大会当日

当日は目覚ましかけたより早く起きてしまいましたが、身支度をして大会サイトで当日の体温登録を行った後に始発で移動。

新柴又駅

6:35に新柴又駅に到着。スタートは8:00なので20分前までに受付で良かったのですが、7:00のスタートがどんな感じか見たかったので間に合うように移動。

真言宗智山派 大黒山 宝生院

会場へ向かう道中、出世大黒点の看板がありました。

遠目から写真を撮りつつ、今日のレース頑張りますとお祈り。

受付

6:50に到着して受付。

まだ7:00スタートの受付やってたみたいでバタバタしましたが、無事ゼッケン受け取り。

スタートゲートを撮ってTwitterで到着報告。

荷物預かりや更衣室の場所を確認して、しばらく会場付近をウロウロ。

7時スタートのランナーさん達が整列し、ゲストランナー紹介始まると、弘前48時間走に出てた方でした。

スタート前でしたが声をかけて少しお話しさせていただきました。

スタート時間変えられるみたいですよと言われたけど、ゆっくり後から追いかける方が楽しそうだったので8:00スタートのままにしときました。

100km(7時スタート)

集合写真を撮った後、7:00に一斉に飛び出して行きました。

自転車で先導してるけど、先頭はペース速そうだなーサブ8狙いかな。

その後はゆっくりゼッケン装着したり、ストレッチしたり足の感じを確かめるのにjogしたりしてたら、8:00スタートの説明会が始まりました。

コースは片道12.5kmを上流側に進み、折り返して25kmのコースを4周回。

エイドには茶色いコップにスポドリ、白いコップに水、その他バナナやパン、おにぎり、ジェルがあり、トイレも各所に設置されてるとの事。

その後、トイレに行ってからスタートラインに整列して記念撮影。

スタートのカウントダウンが始まった頃に、最後尾にきんぐさんが居るのを発見するも、話しかけるタイミングを逃して8:00スタートとなりました。

スタート

自転車の先導を追って、上位集団がキロ4分台のペースで進む中、序盤は様子見という事で5:15/kmで進みます。

1km進むとちょっと落ち着いてきて、5:10/kmくらいでも行けるかなとちょっと上げてみる。

河川敷の下の道路から、斜め気味にゆるく上って土手側を走ります。

空は曇り空で気温もいい感じに涼しく、長距離レースにはバッチリなシチュエーション。

並走するランナーさんに声をかけ、サブ9狙いのランナーさんを探して一緒に行こう作戦を狙うも、11時間以内で行ければいいですとの事orz

11時間なら5:10/kmだと突っ込みすぎの気がするけど、自分もサブ9狙いなんだからもうちょい行くかと5:00/km~5:05/kmあたりに上げて行く事にしました。

コースは基本的に河川敷の土手の上のアスファルトを進み、一部下に降りる所だけアップダウンが生じるという感じ。

前に見えるランナーさんを追っかけつつ、サブ9狙いの方を探そうかと思うけど、前方はペース速すぎてなかなか並走するまで行かない。。。

そのうち7:00スタートのランナーさんが折り返して来て、声かけしながら進みます。

ゲストランナーはサブ10サポーターとして、5:55/kmで巡行して大集団を形成してました。

声をかけつつ、あそこに追いつけば1時間遅れの自分にはサブ9ペーサーだなと、なんとか追いつく計算をし始める。

10km毎にANDO_を食べるスケジュールで、時計を見つつ忘れない様に食べる。

12.5kmでパイロンがあり、折り返すと今度は下流へ向かうコースに。

緩い下り基調なので、行きと同じ感じで走ってても、4:55/km~5:00/kmといい感じのペースになるので気持ちよくペースキープ。

エイドはあんまり寄るとトイレ行きたくなりそうだったので、飛び飛びにスポドリだけもらいましたが、スタート含めて片道6個のエイドがあるので、フラスクはなくても良かったかも。

1周目の復路で、年末にサブ3したランナーさんと並走し、月間走行距離が300km前後と同じくらいなのにウルトラに結構出てる事に驚かれる。※100kmレースは初めてとの事でした。

ゆるゆるとエイドを楽しみながら走ってるだけなので、驚かれる程ではないし、自分も月間300kmでサブ3したいわーと思いつつ1周目終了。

25km

1周目通過は2時間6分前後。

テントのエイドはスルーしつつ、1周目終わりのツイート。今回は真面目にタイムを狙ってるのでツイートも最小限に「1」だけ入力して報告www

2周目もそのままの勢いで4:55/km~5:00/kmあたりをキープ。

2周目に入ると微妙に風が強くなる時があって、サンバイザーが飛ばされない様に顎を引いて進みます。

先行してた女性ランナーさんに声をかけると、サブ9狙いとの事だったので一緒に行こうかと思うも、ちょっと落ちて来てるので先行ってくださいと振られるorz

このままのペースなら行けそうですよね!がんばりましょー!と先に行く事にしました。

2周目に入ってもゲストランナーはまだ集団を作って元気そうに走ってますねー。

8:00スタートにもサブ9ペーサーつけて欲しいわーと思いつつ、なんとか追いつかねばと頑張る。

少しペースは落ちて来て5:00/km~5:05/kmあたりだけど、まだまだ中盤戦だからこのままキープ。

50km

50km通過は4時間11分前後。

ちょっと小腹が空いたので、あんぱんをほおばり、スポドリをいただいてから次の周回へ。

野球少年が応援してくれるものの、釣りをしている人がいたり、望遠レンズで何かを追っている沢山のカメラマンがいたりと、応援は少なめですが、コース途中で応援してくれている方もちらほら居るのと、長丁場のレースの交通整理やエイドを担当してくれているスタッフさんに声をかけたりかけられたり、スライドするランナーさんの声かけが力になります。

60kmで尿意が気になって来たので、常設のトイレに入ってスッキリしてからリスタート。

3周目はサブ10集団はだいぶ少なくなって寂しい感じに。。。ペースはキープしてる感じだったので追いつかねばサブ9が危ういか。。。

ペースは5:15/km~5:25/kmまで落ちてきたけど、残りの距離を考えたらトラブらなければ行けそうだ。

アップダウンが出てくると、右ハムがピクついて怪しいけど、上りはペースを落としてトラブル防止に努める。

1箇所エイド手前でめっちゃ躓いて、コケる寸前で踏みとどまったけど、かえって刺激が入ったらしく右ハムおとなしくなったかもwww

もうちょいで3周目も終わりそうだと戻るあたりで、ゲストランナーとすれ違うも2人で走ってるー!

サブ10集団は最後までキープできなかったかーorz

75km

75km通過は6時間26分前後。

ここでもアンパンをいただき、スポドリで流し込んだ後、ラスト1周行ってきます!と飛び出す。

この辺りから、微妙に霧雨がパラついて来たから、早めにゴールしたいのは山々なんですが、ペースが5:25/km~5:35/kmで行くのがやっとこさ。。。

それでも残り全部6:00/kmで行ってもギリギリサブ9は行けるから、トラブルだけは避けたいとペースキープで進みます。

あー頼むぞ俺の右ハム。どうにかあと1周回機嫌を損ねないでもってくれー。

心拍は145bpmあたりでキツくはないのだけど、気持ちの問題か息が荒く、キツく感じてくる。。。

折り返しの手前あたりでゲストランナーの背中が見えて来て、ゲストを抜ければサブ9確実だと気合を入れ、折り返しギリ手前で俺のサブ9ペーサー見つけたーと追い越し、5:25/kmキープで少しずつ貯金を作りながら進む。

あと10kmだからなんとかそのままで右ハム。

小雨も降って来たけどあと5kmだぞー!

すれ違うランナーさんや、追い越すランナーさんにナイスランと声をかけつつ、自分にもいいぞいいぞを言い聞かせながら、ラストは5:05/kmでゴールテープを切りました。

ゴール

8時間45分弱でのゴールとなりました。初のサブ9!キツかったけど嬉しすぎる!

ゼッケンから計測チップを外してもらい、完走証と完走Tシャツを受け取ります。

嬉しすぎて手袋片方落として来ちゃったけど、落とし物アナウンスでわかって無事見つかりました。

更衣テントで足攣り寸前でカーフスリーブを外して着替え、ゲストランナーにお礼を言って帰路につきました。

感想

いやーめっちゃ嬉しい!嬉しすぎますわー!

アベレージランナーでもエイド時間を削って、負荷になりすぎないペースで刻んでいけばサブ9できるんだと、かなり自信が持てました。

高低差が少ない河川敷コース、曇り空で気温も低め、風もそこまで強くない、先行するサブ10ペーサーを追いかけて頑張れるという様々な要素がいい方向に働いて、気持ちが途切れずに最後まで歩かず進めたというのも良かったですね。好条件が重なったいいレースとなりました。

(参考情報 距離:99.96km 気温:8.9℃ 高低差:706.1mD+ 702.4mD-)

応援は少ないものの、スライドするランナーさんと声を掛け合い、応援の意味でかけた言葉が自分にも帰って来てる感じで、テンションを保てたのも良かったですね。

自分がサブ9出来たんですから、自己ベストを出すためのレースという言葉に嘘はないですね。

公認レースではないですが、自己ベストを狙うには最高の大会だと思います。

おまけ

地下鉄で新宿まで戻って来て、ロイヤルホストで栄養補給。

ロイヤルホスト東新宿駅前店

アンパンとANDO_とあんこしか食ってなかったので、ハンバーグ食いたい。

なにはともあれ生ビールと、黒×黒ハンバーグ、オマール海老のクリームスープをオーダー。

セットでご飯も食べたいし、コーヒーも飲みたいのでセットにしました。

ビールを飲みつつ、フォロワーさんからの嬉しい反応にリプを飛ばしてたら、オマール海老のクリームスープキター!

海老の殻や、魚介の旨味が染み渡るー。レース中はあんこばっかりだったので、なおさら旨味が増幅して感じられました。

スープを飲み干したらハンバーグとライスが登場。

肉汁溢れるハンバーグとブラウンバターソースがベストマッチ。目玉焼きの黄身をくずすと玉子のコクが加わってさらにいい感じ。

ビールもすすむしご飯もすすむ。夢中で食べてお腹が落ち着きましたわー。

食後のコーヒーもゆっくり堪能した後で帰りました。

生ビール(中) \693

250gグランスター 黒×黒ハンバーグ ブラウンバターソース \1,793

オマール海老のクリームスープセット ライス付 \869 ごっそさんです。

ロイヤルホスト東新宿駅前店 (東京都 新宿区) | ファミリーレストラン ロイヤルホスト - Royal Host -
ロイヤルホスト東新宿駅前店 (東京都 新宿区 新宿7-27-9) | “あんしん”だから“おいしい”。みんなにやさしいファミリーレストラン ロイヤルホストのホームページです。私たちは、おいしい料理と心地良いサービスでおもてなし致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました